銀行におけるNISA口座開設によるメリットの比較

銀行におけるNISAの口座開設のメリットの比較は、次の通りとなっています。

◆イオン銀行
1.口座開設手続き完了で2000WAONポイントプレゼント。
2.NISA口座開設書類を提出した方へ、抽選で記念品をプレゼント。
(韓国グルメの旅3日間、マスターソムリエ高野豊セレクション「井筒メルロー樽熟成2010」、カタログギフト4000円or2000円コース)。なお、抽選期間は、2013年6月1日〜12月31日まで。抽選の回数は3回まで。
3.NISA口座で投資信託の購入次手数料をWAONポイントで全額還元。

◆ソニー銀行
 1.NISA口座の開設と投資信託の購入(初回:10000円以上)で、現金2000円プレゼント。

◆千葉興業銀行
 1.NISA口座開設で現金1000円プレゼント。
 2.投資信託口座開設で、UCギフト券1000円プレゼント
 3.NISA口座の開設で、年利0.50%の特別定期預金が受けられる。

などのメリットを受けることができます。
特に、その中でも金融と商業が融合したイオン銀行において、
お買い物に付与されるポイントがNISAの運用においても付与されるのは、 他と比較しても大きなメリットです。
また、ソニー銀行では、NISAの口座以外にも他社の一般口座に記載されているデータを、
全てひとまとめにする「人生通帳」というツールがあります。
これにより、別々の通帳をもたずに済むことが可能です。
さらに、ソニー銀行はネット銀行ということもあり、通常の銀行にかかる手数料と比較して、格安なのです。
これは、インターネット上の取引がメインなので、人件費や設備費が最低限の金額で抑えることができます。
その代わり、投資に関する情報は自分で拾わなければいけません。
このように、一口に銀行といっても、開設する金融機関によってメリットも変わるということです。
初めての方が意識しなければいけないのは、運用する本人にとって本当にメリットがあるもので、
且つ金融機関の信用は問題ないかということにあると思います。

2013.09.30
これから銀行でNISAを利用するには?を更新しました。
2013.09.30
金融機関の信用度についてを更新しました。
2013.09.27
銀行でNISAを効果的に運用するためには?を更新しました。
2013.09.26
初心者はどの商品から購入すべきか?を更新しました。
2013.09.25
投資をサポートするツールについてを更新しました。
2013.09.20
金融業と商業が融合した金融機関についてを更新しました。
2013.07.30
手数料節約についてを更新しました。
2013.06.28
サイトをアップしました。